注文住宅関連 ホーム >> スタッフブログ

 スタッフブログ

 

施工現場アルバム

1234567・8・91011121314151617181920  link

真冬の現場は何もかもが大変!(2012/02/08)
真冬の現場は何もかもが大変!真冬の現場は何もかもが大変!市内某所で下水道工事をやっていますが、大変なのは生コンばかりではありません。

これだけ外気温が低いと重機で掘削も容易ではありません。

この時期だと、道路面から50㎝以上は凍結しているため、重機を使っていてもバケットをいじこじしてしるだけ。

そんな中、やはりいいものはあります。

凍結防止対策として販売されています「電熱マット」です。

早い話、現場用電気毛布です。

これが優れもので、明日掘削する箇所に敷いておくと翌日は、通常通りに掘削作業が容易にできます。

ちょっとお値段はしますが、重機でいじいじしているよりは良いです。

また、その間も作業員は外で掘削終わるまで待っていなければなりませんから極力短時間に掘削できた方が良いわけです。

つまり費用対効果です。

いいものは他にもきっとあると思います。

きっとこのような便利なものがあるはずだと思ってインナーネットで検索すればほとんどが見つかると思います。
 
冬のコンクリート工事は・・・(2012/02/07)
冬のコンクリート工事は・・・冬のコンクリート工事は・・・冬のコンクリート工事は・・・只今、某所でトイレ新設工事の真最中です。

年度内の工事完成に向けて日々精進しております。

冬期で我々が一番気を使うのが生コンです。

生コンの中には、水分が含まれていますので外気温が低いと当然凍ります。

いわゆる「風邪を引いた」状態です。

そうならないためにも、練炭養生をして生コンが硬化するまで風邪を引かないように一定期間温度を保持する必要があります。

まるで赤ちゃんを育てるくらい気を使います。

その他、配合の強度を上げたり、水セメント比を範囲以内で下げたり、セメントの種類を変えたり方法は多岐にわたります。

こうした日々の努力をしております。
 
でたー!(2011/11/18)
でたー!でたー!下水道工事で地下を掘削していると様々な埋設物が出てきます。

図面に載っていればいいのですが、地域や場所によってはライフラインの整備が一昔で図面にない場合もあります。

現場管理をしていて切望するのですが、発注する図面にはある程度の埋設物を調査した上で図面に表記し発注して欲しいと思います。

巨石や湧水は自然のものですのでわからないにしても、下水道や上水道、農業用のパイプライン、NTT等の既設配管についてはできるだけ図面に表記して頂けたらと感じています。

現場で掘削していく中で、遭遇したくないパターンとして巨石や湧水、既設配管が掘削箇所に同時にあたった時は思わず「うわっ!でた!」って感じです。

それでも管路方向が決まっていますので、現場としては、その迷惑な巨石を壊さなければいけません。

始点と終点が決まっていますので、途中で迂回することができませんのでしかたありませんね。

下水道工事のワンシーンでした。
 
確認部分終了!(2011/11/17)
確認部分終了!確認部分終了!確認部分終了!建築基準法第88条第1項の工作物の確認申請した箇所の施工が完了しました。

高さが2.5mあるL型擁壁の重量が約2.5tあるのでクレーンを使用して据付を行ないました。

30㎝おきに埋め戻しを行い転圧を十分に行いました。

出来てみると、敷地がこんなに広かったのかと思うほどです。
 
擁壁工事で敷地の有効利用!(2011/11/16)
擁壁工事で敷地の有効利用!擁壁工事で敷地の有効利用!擁壁工事で敷地の有効利用!建物の敷地が高台で隣地と高低差があるため、敷地の有効活用や雑草の管理等でこの度、擁壁工事を請けました。

どのくらい広くなるかと言うと、法面が概ね45度ぐらいなので、擁壁の高さ分は広くなる計算です。

このお客様の場合、純粋に高さが2mですので2m分敷地が広くなったように感じます。これは大きいです。
お施主さまも広くなることに驚かれて倉庫の計画をされていました。
このように敷地をただ斜面にしておくのはもったいないですね!

今回の工事の説明をしますと、敷地の2方面に擁壁工事を行います。
一方が隣地からの高さが2mを超えるため、事前に地元市町村経由で建築課に工作物の確認申請や全面道路の使用許可を申請を行ないました。
他市町村の工事だったので、勝手が分からず若干苦労しましたが、また一つ勉強になりました。

工事着手の数日前に工事の予告看板を設置し隣地の地主様や近隣住民への挨拶や通行止めになるのでその案内のチラシを配布しました。

前面道路が狭く住宅密集地だと生活道路で使用されていますので、一日も早く工事を完了して開放したいと思っています。

お陰様で天候も良く、工事は順調です。
 

 

 

孫の手通信旧スタッフブログ土地活用型オリジナル賃貸住宅デコール

旧スタッフブログ

最新施工事例

こだわりの家
こだわりの家
平屋建てで部屋数があまり取れない中、廊下を1間(1,82m)を確保し家全体を広く感じる間取りとしました。廊下は全ての部屋に面しLDKの間仕切り扉は引込戸にし開放感を演出しました。
もっと見る
 
 
〒399-4102 長野県駒ヶ根市
飯坂1-12-3
TEL:0265-83-7181
FAX:0265-83-1170
e-mail:akaho.kk@sweet.ocn.ne.jp
サイト担当:中村(なかむら)