注文住宅関連 ホーム >> スタッフブログ

 スタッフブログ

 

施工現場アルバム

12345・6・7891011121314151617181920  link

絆(きずな)の家 Vol.5(2012/06/04)
絆(きずな)の家 Vol.5絆(きずな)の家 Vol.5絆(きずな)の家 Vol.5今建設中の「絆の家」。お施主さまの「冬は暖かく、夏は涼しい家にして欲しい」という強い要望がありました。

そこで、施工性、機能性、予算等を調整する中で現場発泡ウレタンの吹付けを今回採用しました。

現場発泡ウレタンは、断熱材の中では比較的気密性が良く断熱性能が高い断熱材です。
断熱材も今や色々な種類があります。最も安価で一般的なのはグラスウールがありますが、安いだけあって断熱性能は落ちます。
また、湿気等で水分を含んでしまうと断熱性能が落ち、カビの発症する原因にもなります。

硬質ウレタンは断熱性能は上がりますがその分お値段も上がります。

両者とも人の手によって間柱間に入れられますので気密性を考えれば劣ります。

壁を貼ってしまえば見えませんが、隠れた部分にこそ ヒ・ミ・ツがあります。

建築費を取るか?快適性を取るか?しかし、この場の費用はその場だけです。

生活していく上では、光熱費にも影響がでますので、断熱材は絶対というくらい良い物を入れておいたほうが良いでしょう。
関連リンク: 断熱材の比較
 
絆(きずな)の家 Vol.4(2012/06/01)
絆(きずな)の家 Vol.4絆(きずな)の家 Vol.4絆(きずな)の家 Vol.45月の中旬に建て方を完了しその後、野地板、アスファルトルーフィングを葺きました。

内部は建て方完了後、間柱、サッシ等を取り付けまで完了。

今の建て方や木工事は、製材工場にてコンピューター管理されていて、プレカットしてくるため、垂木や野地板、間柱までその長さで納品されるため、基本的に現場でのカットはありません。

建て方は特に、段取り勝負の部分が非常に多いと思います。

大工さんも建て方の時は、応援の大工さんを頼みますので出来るだけそのその応援の日数の中で沢山の作業ができたほうがお陰な訳です。

昔ながらの「結いの精神」なんでしょうね!
 
絆(きずな)の家 Vol.3(2012/05/16)
絆(きずな)の家 Vol.3絆(きずな)の家 Vol.3絆(きずな)の家 Vol.3天候にも恵まれ、「絆(きずな)の家」が順調に進んでおります。

基礎工事が終わり、設備配管工事が終えてから足場を組みました。

今回の現場は、特に建物の外周面が狭いため、建て方が始まる前に配管工事を終えるように工程を組みました。

設備屋さんが忙しくても、後の工程や作業性を考えたら先に作業をやっておくに越したことはありません。

そうした協力業者さんの協力のもと、外回りの配管工事も終了し足場工事、建て方と順調です。
 
つながりこそが糧となる(2012/05/11)
つながりこそが糧となるつながりこそが糧となるつながりこそが糧となる市内某所で地域介護予防拠点施設(交流センター)を建設中。

大変厳しい予算の中、業社選定に苦慮し10日遅れで基礎工事に着工しました。

厳しい金額にも拘らずどこの協力業者さんも大変いい仕事をして頂いています。

基礎工事の社長さん曰く「厳しい予算は、この時代当たり前。その中で如何に工夫して仕事をするのが企業努力。仕事を頂けるだけ有難いよ~。」

頭の下がる想いです。大変有難く感謝しております。
 
基礎工事が始まりました。(2012/04/13)
基礎工事が始まりました。天候も良くちょっと体を動かしただけで汗ばむ陽気となってきました。
数週間前の肌寒さがうそのようです。
この陽気で春の花々も咲き始まることでしょう。野に山に出かけて自然のマイナスイオンを体いっぱい浴びたいものです。


さて、「絆(きずな)の家」の基礎工事が昨日より始まりました。

建物の東西方向がほとんど敷地いっぱいですので、隣家にご迷惑をお掛けしないように気を掛けています。
省エネの建物を考えるときに、東西方向に対し長めし南北方向に対し短めに建物を配置することで、自然環境を有効に活用できます。

これからの時代、光熱費が掛からない住宅を考えるのは鉄則です。このことが住んでからの快適性につながります。

建築費がちょっと割高になっても住んでからの快適さはもちろんのこと、ランニングコストを考えたら分かりますよね。
 

 

 

孫の手通信旧スタッフブログ土地活用型オリジナル賃貸住宅デコール

旧スタッフブログ

最新施工事例

ゆとりの家
ゆとりの家
一部2階建ての42坪のゆったりとした平面の住宅。
もっと見る
 
 
〒399-4102 長野県駒ヶ根市
飯坂1-12-3
TEL:0265-83-7181
FAX:0265-83-1170
e-mail:akaho.kk@sweet.ocn.ne.jp
サイト担当:中村(なかむら)