注文住宅関連 ホーム >> スタッフブログ

 スタッフブログ

 

中村信中村信の「もと吉です」

1・2・3456789101112131415  link

「いざ」という時のために!(2014/09/06)
「いざ」という時のために!「いざ」という時のために!9月6日 Vol.93
もと吉です。9月になり彼方此方で秋の装いが感じられる今日この頃です。
お変わりありませんか?

さて先日の9月1日の「防災の日」がありその1週間は「防災週間」として防災にちなんだ訓練や講習・セミナーが各地で開催されました。

当社でも防災週間最終日の昨日、消火器の使用方法・実践と土のう作りの訓練を開催しました。

男性社員は、消火器の使用方法にしても土のう作りにしても現場等で実践済ですが、女性社員は、「見たことはあるが・・・・!?」ということで、女性社員中心に訓練をして頂きました。

初めて土のう作りをした感想は「勉強になった!、意外と重いんだね!、これならできそうかな?」等様々な感想を持ったようです。

何事も、体験・体感することだと思います。
 
田舎暮らし相談会(2013/05/21)
田舎暮らし相談会田舎暮らし相談会5月21日 Vol.92
もと吉です。廻り一面青々して自然の力強さを感じる今日この頃です。
お変わりありませんか?

さて私は、先日の土曜日に駒ヶ根市と建設業社・不動産業者がタイアップして設立した「田舎暮らし推進協議会」の一員としてIターン相談会(東京会場)に行って来ました。

今や長野県は、住みたい県の候補地の上位を占めるだけあり相談会も人気で熱意を感じます。

相談会は午後からのため、食事を築地まで足を伸ばし行く道中に先日杮落としされた歌舞伎座を眺めちょっといした東京観光気分。

午後からは、Iターン相談会として移住者の体験談、個別相談会を行ないました。

就農、お住まい、就職情報、土地情報など様々な相談に市役所の担当職員や我々田舎暮らし推進協議会のスタッフが対応しました。

駒ヶ根も四季折々の顔があり良さもあれば不便さや自然の厳しさもあります。

四季を通じてそれぞれの春夏秋冬で来駒して頂ければ少しでも駒ヶ根が分かるかと思います。

まずは、来て見てください。
 
なんとも言えない田園風景(2013/05/09)
なんとも言えない田園風景5月9日 Vol.91
もと吉です。駒ヶ根でも日中の気温は真夏日の陽気です。
朝晩は、まだまだ肌寒いのですが、これだけ日中に気温が上昇すると軽い夏ばて気味になります。

駒ヶ岳に雪形が拝めるようになると、ここ伊那谷では田植えのシーズン到来です。

天竜川そばの田んぼでは、代掻きや田植えなどの作業が行なわれ、その作業の風景と山々の芽吹いていく力強さ、仙丈ヶ岳の雄大さがなんとも言えません。贅沢なひと時です。

こうした当たり前と思っていることが行なわれていく素晴らしさを改めて感じることができました。
 
消費増税を1年後に控えて(2013/05/01)
消費増税を1年後に控えて消費増税を1年後に控えて消費増税を1年後に控えて5月1日 Vol.90
もと吉です。新緑が目にしみる季節となりました。当り一面木々が芽吹いて自然の息吹を感じる今日この頃です。体調など崩していませんか?

先日の業界新聞の一面に興味深い記事が掲載されていました。

「4割が消費税8%前に」というタイトルで、「新築やリフォームの時期をいつ頃に考えていますか?」の問いに答えたもの。

長野市内で行なわれた住宅系イベントで一般来場者らを対象に施工時期のアンケートを実施しました。
1、消費税 8%までに・・・40パーセント
2、消費税10%までに・・・11パーセント
3、消費税10%後   ・・・7パーセント
4、決めていない    ・・・42パーセント
といった結果になりました。

また、他の内容についてもアンケートがされていて
1、住宅用火災警報器を設置していますか?・・・80%が設置すみ
2、太陽光発電設備を導入していますか?・・・13%が導入すみ
3、LED照明器具を導入していますか?・・・45%が導入すみ

太陽光やLED照明はまだまだですね。

住宅関連の工事金額は金額が大きくなるため、仮に2000万円の住宅を建築する場合、3パーセント増税(5%→8%)されると60万円余計に払う羽目になります。
3パーセントの増税は家計を直撃します。
消費税増税前に新築やリフォームを検討されてはいかがでしょうか?

「いつやるの?」

「今でしょ!!」
 
啓蟄。(2013/03/05)
啓蟄。啓蟄。3月5日 Vol.89
もと吉です。本日は啓蟄。文字通り土の虫が地表に出て活動するような陽気でした。ようやく春めいてきましたかね。
お変わりはありませんか?

先日の分館の打ち上げ旅行で伊豆半島に行ったときの一コマです。

河津桜の会場そばに足湯のスポットがありその脇に写真のような面白い足ツボの施設がありました。

足湯で裸足になったついでに歩いたのですが、痛くて痛くてしかたがありません。

特に大小に埋め込まれた白い足ツボのもの(下の写真の左下のもの)は、先っちょが鋭角になっているせいか痛くてたまりませんでした。

どこかが悪いのかとかそういう問題ではないと思うのですが・・・。

この足ツボコーナーを歩いて平気のあなたは、間違いなく健常者ですね。

このような面白い公共の施設があるといいですよね。
 

 

 

孫の手通信旧スタッフブログ土地活用型オリジナル賃貸住宅デコール

旧スタッフブログ

最新施工事例

いきいき交流センター
いきいき交流センター
メンテナンスフリーを考慮してキッチンセットはホーロー仕様
もっと見る
 
 
〒399-4102 長野県駒ヶ根市
飯坂1-12-3
TEL:0265-83-7181
FAX:0265-83-1170
e-mail:akaho.kk@sweet.ocn.ne.jp
サイト担当:中村(なかむら)