注文住宅関連 ホーム >> スタッフブログ

 スタッフブログ

 

施工現場アルバム

123・4・56789101112131415161718  link

いきいき交流センターVol.4(2012/06/08)
いきいき交流センターVol.4いきいき交流センターVol.4いきいき交流センターVol.4先日の大安の日曜日に只今建設中のいきいき交流センターの上棟式が関係各位、地元住民が参加され盛会に行なわれました。

棟札は地元の有志の方に書いて頂きました。裏面には、この建設に係わった各位が書かれています。
施主の駒ヶ根市、設計のN&T設計事務所、施工の赤穂建設(弊社)です。

天気予報では、雨マークだったので、最初から室内で神事を行ないました。
棟梁の祝詞奏上があり、餅まきあり、形は変われどもこうした昔ながらの伝統や地域コミュニティの場の大切さを痛感したしだいです。

このような地域の行事に大人と子供が一緒に参加することが大切で、大人から子供へと地域の行事のバトンリレーの場所にもなるからです。

各地域で建設されている交流センターでは、地区の行事や集会など地域の方々の交流の拠点になる場所です。

集会所を通して地域のコミュニティの環が広がり深まっていくことを期待したいものです。
 
いきいき交流センターVol.3(2012/06/06)
いきいき交流センターVol.3いきいき交流センターVol.3いきいき交流センターVol.3市内の某所で施工中のいきいき交流センター(集会所)も好天が続き、着工してから順調に基礎工事、木工事と進んで建て方が無事完了しました。

今回の現場の敷地内に既存の遊具があり存置したまま施工していますので職人の車を駐車するスペースがなく苦慮していますが、地域住民の皆様のご理解とご協力を頂きながら目下施工しております。

こうした建築物は、地図に残る仕事と言われ地域住民のご協力をはじめとし、実際に施工して頂く協力業者の皆さんのご協力なしには出来ません。

それ故に、地域住民や協力業者さんとのコミュニケーションがいかに大切かがわかります。

このコミュニケーションの良し悪しが出来映えにも反映されると言っても過言ではありません。

 
絆(きずな)の家 Vol.5(2012/06/04)
絆(きずな)の家 Vol.5絆(きずな)の家 Vol.5絆(きずな)の家 Vol.5今建設中の「絆の家」。お施主さまの「冬は暖かく、夏は涼しい家にして欲しい」という強い要望がありました。

そこで、施工性、機能性、予算等を調整する中で現場発泡ウレタンの吹付けを今回採用しました。

現場発泡ウレタンは、断熱材の中では比較的気密性が良く断熱性能が高い断熱材です。
断熱材も今や色々な種類があります。最も安価で一般的なのはグラスウールがありますが、安いだけあって断熱性能は落ちます。
また、湿気等で水分を含んでしまうと断熱性能が落ち、カビの発症する原因にもなります。

硬質ウレタンは断熱性能は上がりますがその分お値段も上がります。

両者とも人の手によって間柱間に入れられますので気密性を考えれば劣ります。

壁を貼ってしまえば見えませんが、隠れた部分にこそ ヒ・ミ・ツがあります。

建築費を取るか?快適性を取るか?しかし、この場の費用はその場だけです。

生活していく上では、光熱費にも影響がでますので、断熱材は絶対というくらい良い物を入れておいたほうが良いでしょう。
関連リンク: 断熱材の比較
 
絆(きずな)の家 Vol.4(2012/06/01)
絆(きずな)の家 Vol.4絆(きずな)の家 Vol.4絆(きずな)の家 Vol.45月の中旬に建て方を完了しその後、野地板、アスファルトルーフィングを葺きました。

内部は建て方完了後、間柱、サッシ等を取り付けまで完了。

今の建て方や木工事は、製材工場にてコンピューター管理されていて、プレカットしてくるため、垂木や野地板、間柱までその長さで納品されるため、基本的に現場でのカットはありません。

建て方は特に、段取り勝負の部分が非常に多いと思います。

大工さんも建て方の時は、応援の大工さんを頼みますので出来るだけそのその応援の日数の中で沢山の作業ができたほうがお陰な訳です。

昔ながらの「結いの精神」なんでしょうね!
 
絆(きずな)の家 Vol.3(2012/05/16)
絆(きずな)の家 Vol.3絆(きずな)の家 Vol.3絆(きずな)の家 Vol.3天候にも恵まれ、「絆(きずな)の家」が順調に進んでおります。

基礎工事が終わり、設備配管工事が終えてから足場を組みました。

今回の現場は、特に建物の外周面が狭いため、建て方が始まる前に配管工事を終えるように工程を組みました。

設備屋さんが忙しくても、後の工程や作業性を考えたら先に作業をやっておくに越したことはありません。

そうした協力業者さんの協力のもと、外回りの配管工事も終了し足場工事、建て方と順調です。
 

 

 

孫の手通信旧スタッフブログ土地活用型オリジナル賃貸住宅デコール

旧スタッフブログ

最新施工事例

いきいき交流センター
いきいき交流センター
メンテナンスフリーを考慮してキッチンセットはホーロー仕様
もっと見る
 
 
〒399-4102 長野県駒ヶ根市
飯坂1-12-3
TEL:0265-83-7181
FAX:0265-83-1170
e-mail:akaho.kk@sweet.ocn.ne.jp
サイト担当:中村(なかむら)