注文住宅関連 ホーム >> 在来工法詳細

在来工法詳細

土台や柱、梁などを用いて組み立てられる、日本で最も伝統的な建築工法で、木造住宅では主流の工法です。

木造軸組工法(在来工法)とは

柱・梁・筋交いなど、木の軸を組み立てて建物を支える工法。 軸で支える構造であるため、壁の配置に制約が少なく大きな開口部をつくることも可能で、通風や採光に優れた間取りをつくることができます。
また、増改築が容易で、使用する木材によって予算も柔軟に調整できます。
 

孫の手通信スタッフブログ土地活用型オリジナル賃貸住宅デコール

最新施工事例

こだわりの家
こだわりの家
平屋建てで部屋数があまり取れない中、廊下を1間(1,82m)を確保し家全体を広く感じる間取りとしました。廊下は全ての部屋に面しLDKの間仕切り扉は引込戸にし開放感を演出しました。
もっと見る
 
 
〒399-4102 長野県駒ヶ根市
飯坂1-12-3
TEL:0265-83-7181
FAX:0265-83-1170
e-mail:akaho.kk@sweet.ocn.ne.jp
サイト担当:中村(なかむら)